FC2ブログ

ビルメイトの日々

今週の一言

営業の東田です。

今週の一言。


経営者は常にチャレンジし続けなければならない。
さらには、先頭を走る経営者が倒れても、
その精神を継承した社員が経営者の屍を乗り越えて
チャレンジを続けていく、
そのような企業風土をつくらなければならない。
(稲盛和夫)

スポンサーサイト



PageTop

職人技

営業の東田です。

今日はハト対策施工をしました。
とはいえ、職人技が必要なので、協力会社に依頼しました。

高さ10mほどの所にある通気口に鳩が出入りするので、
ネットを張る作業です。

ここに張ります
通気口

作業風景
職人技

ズームイン!
職人技_ズーム

なんでもプロがいるもんだなあと思いました。。。


私はその横で精いっぱいの事をやってました。
これはこれで大変なんですよ。高さ7mぐらいです。
庇の下のハートジェル塗付

庇の下のハートジェル塗付状態

PageTop

熊本商売繁盛クラブ 2010年11月

営業の東田です。

昨日は、商売繁盛クラブに行ってきました。

商売繁盛クラブとは、販促や集客の勉強会で、
毎月1回、夜7時から定例勉強会を行っています。
詳しくはこちら↓
http://www.kshclub.jp/

昨日学んだ事の1つに、
商品は3つのカテゴリーに分類されるという事がありました。

『価格』の安さで購入されるもの
 文房具やガソリン等、使えればよいというものは
 これにあてはあるようです。
 このカテゴリーでは、
 いかに原価を落として低価格で大量販売できるか
 が検討ポイントになります。

『使用価値』で購入されるもの
 i-Phone、3Dテレビ、高級料理など、他に無い特徴を持っているものです。
 このカテゴリーでは
 いかに差別化ができる商品開発ができるか
 が検討ポイントになります。

 ここで注意すべきは、「開発」の意味です。
 単に新しい商品を企画して生産するだけでなく、
 既存の商品に新しい観点を吹き込むことも含まれます。

 例えば、「ごはんにかけて食べるラー油」がそうです。
 これなら中小企業でもできます。

『感性』で購入されるもの
 昨日はLUSHの例が出されました。
 http://www.lushjapan.com/
 かわいい、おしゃれ、楽しいといった感性に訴えるものです。

 このカテゴリーでは、訴求点を明確にして、それを一貫して訴える事
 が検討ポイントになります。
 一貫してという所が特にポイントです。

我々の業界でも①に向かう企業がありますが、
大量販売できる市場ではないので避けた方が良いと思います。
そもそもサービス業においては無理なのではないでしょうか?

②についてはどこも力を入れていると思います。

しかし、③については弊社も含めておろそかですね。
企業イメージ、ペストコントロールのイメージを訴え、
認知度をあげる努力が必要だと感じました。



PageTop

今週の一言

営業の東田です。

今週の一言。

私は、失敗するかもしれないけれども、
やってみようというようなことは決してしません。
絶対に成功するのだということを、確信してやるのです。
何が何でもやるのだ、という意気込みでやるのです。
(松下幸之助)


成功の秘訣は、成功するまでやり続けることだ
という言葉もよく聞きます。
精神論だけで成功できるとは思いませんが、
情熱とやり抜く根性が何かを成し遂げるための
絶対条件のような気がします。

PageTop

ハトよけネットの設置例

営業の東田です。

昨日は、ハトよけネットを2件設置しました。

1件目 マンションベランダ
ベランダハトよけネット

家を空ける事が多く、帰ってくると糞がいっぱいだったそうです。
被害写真
糞害写真
入居以来の悩みが解決したと喜んでいただけました。
ネットも、これならあまり気にならないとの事です。

2件目 出窓上の隙間
出窓上の隙間ネット

羽音と鳴き声に悩まされていたそうです。
これで解放されたと安心していただけました。


たまたまどちらのお客様にも聞かれましたのですが、
弊社の施工方法では、壁面に穴をあける必要はありませんので、
施工時の騒音を気にしなくてよいというメリットがあります。
ネット取付具はボンドで接着します。

ネット取付具
ネット取付具




PageTop

鳩の繁殖能力

営業の東田です。

鳩の繁殖能力について少し書きたいと思います。

鳩は通年、生殖活動を行います。
年間に約6回も卵を産みます。
必ず2個卵を産みます。
これがなんと必ずオスとメスなんです!!


卵が孵化し雛が巣立って約6カ月もすると、
大人になった鳩が生殖活動を始めます。

これだけ聞いても鳩の繁殖能力の高さがわかりますよね。。。

更にもう一つ。
なぜ通年、生殖活動を行えるのか?
逆になぜ鳩以外の鳥は通年行えないのか?

通常、鳥類はたんぱく源として虫を捕食します。
これは雛であっても同じです。
虫をくわえたお母さん鳥が巣に戻ってきて、
雛に餌をあげるシーンを良く見ますよね。
そんなわけで、産卵期間も虫の動きが活発な
春から初夏に限られます。

では、鳩は???
鳩の雛の餌は「ピジョンミルク」と呼ばれる親の吐瀉物です。
(吐瀉物とは、えーっと、、、俗にいうゲ○です。)
親鳥の喉にたんぱく質を生成する部分があって、
ここで作ったたんぱく質を口うつしで雛に与えます。
なので、虫が居るとか居ないとか関係ないわけです。。。

まとめますと、
年中、雛に餌を与えられる
だから、年中、産卵を行える。つまり産卵回数が非常に多い。
しかも毎回雄雌1匹づつ産むというおまけ付き。


自然界ってすごいですよね。

PageTop

今週の一言

営業の東田です。

今週の一言。

恵まれた生活も結構だし、
恵まれない暮らしも結構、
何事も結構という気持が大切だと思います。
(松下幸之助)


今、目の前の事に、一喜一憂しない。
そのような考え方なり心を養う必要がある、という事でしょうか。

PageTop

多剤耐性菌

営業の東田です。

昨日、テレビで多剤耐性菌の特集が放送されていました。

多剤耐性菌は、複数の抗生物質に耐性をもつ細菌です。

NDM1と呼ばれる大腸菌がメジャーですが、
これ自体は通常の大腸菌と同じで、
腸内にいる分には問題ないですし、
空気感染もないので爆発的に広がる恐れはないようです。

しかし、このNDM1の遺伝子は、
他の細菌に移ることができるそうで・・・。

テレビでも、耐性菌でなかった菌がNDM1と混ぜることで
多剤耐性菌となる様子(実験)が流れていました。
つまり、赤痢菌やサルモネラ菌などの病原性が高い菌に
遺伝子が移り、多剤耐性化する可能性が危惧されています。

現時点で感染拡大の恐れは少なく、
一般の人が警戒するような段階ではないそうですが、
PCO(ペストコントロールオペレーター)としては、
継続して状況を追っていく必要がありそうです。

PageTop

今週の一言

営業の東田です。

今週の一言。

とにかく、考えてみることである。
工夫してみることである。
そして、やってみることである。
失敗すればやり直せばいい。
(松下幸之助)


PageTop

三笠会ゴルフコンペ

営業の東田です。

11月に入り、昨日まで少し忙しゅうございました。
おかげでブログはすっかり停滞です。。。

昨日は、三笠うどん様主催のゴルフコンペでした。
阿蘇東急ゴルフクラブで行われました。

パターが絶不調。
3パット、下手すると4パット、5パットもありでした(恥)。
そして結果は今季自己ワースト1位!!

恥ずかしい・・・と思いながら表彰式に臨みました。
が、意外にも16人中8位。
さらに100を切ったのは4人しかいませんでした。

話によると、翌日に競技会を控えており、グリーンが整備されていたそうです。
確かにグリーンは早いし、カップも難しい位置にきってあったなと。

ゴルフのスコアってグリーンの状態でこうも変わるんですね。


夜は三笠うどん日赤通り店で懇親会でした。
今回も楽しく美味しいお料理とお酒をいただきました。
ありがとうございました。


PageTop

今週の一言

営業の東田です。

今週の一言。

こけたら、立ちなはれ。
(松下幸之助)


あ、そっか!
と思っちゃう一言ですよね。

PageTop