FC2ブログ

ビルメイトの日々

今週の一言

専務の東田です。

熊本もすこーし暑くなってきましたね。

今週の一言。

今日の試合は、勝つことだけを意識していては勝てない。
どうすれば勝てるかということをよく考えながらプレーすることだ。
(イビチャ・オシム)

スポンサーサイト

PageTop

行動力

専務の東田です。

先日、お客様である飲食店のオーナーと会話する機会があり、
お客様のこれまでの人生について聞く事ができました。

20代のころ、料理の勉強のためアメリカに渡った事があるそうです。
ただし、なんのあてもなく、ただ30万円だけを握りしめて。
英語も話せない、頼りになる人もいない中で、所持金も減り、
5日間ただただ時間だけが過ぎ、途方に暮れたとか。

日本への想いからかご飯が食べたくなり、中華料理店に入りました。
そこで隣に座ったお客さんがJTBの方で、
「旅行客?」とフランクに話しかけてきたそうです。
事情を話すと、西海岸でイタリアンをやっている知人がいるから
紹介しようか?という話が飛び込んできました。
結局2年半そこで働くことができたそうです。

他にも、帰国してから人生の転機になる出会いを何度かされており、
心の底から人との出会いの大切さを感じていらっしゃいました。
そういえば、私との出会いも熊本市主催の経営セミナーだったなと。
それから良いおつきあいをさせていただいています。

人との出会いの大切さもそうですが、それ以前に、それはこのお客様が
行動を起こした結果ではないかと思いました。
動いたからこそ、新たな人と出会えた。

動かなければ周りの景色は変わりませんが、
動けば必ず景色は変わります。

あれこれ考えずに、まずは動いてみること。
走り続け、動き続けることの大切さを、あらためて感じました。

PageTop

視点の転換

専務の東田です。

昨日のテレビ番組でこんな話がありました。

・クリーニング業界で、衣類を6ヵ月間保管するサービスを始め、売上を
 大きく伸ばした会社がある。一般家庭では、特に冬物の収納に困っており、
 クリーニングに出した後、保管してくれるこのサービスが好評である。
・百貨店でお年寄りをターゲットに、無料送迎バス、巻きずしの1個売り、
 買い物品の無料お届けを行い売上を伸ばした。

我々はとかく自分たちの目線から仕事を考えてしまい、
新しいサービスが生まれなかったり、時にはお客様が
必要としていない事をすることもあります。

例えば、鳥害対策で企業訪問をした際、お客様が聞きたいのは、
どうやったら鳥害が解決するのか?
効果や費用を加味するとどういった方法が有効なのか?
であって、弊社のサービス内容、資材の良さ、施工事例などではありません。
お客様に安心していただくためにそのような事を話しても、
初めからぺらぺらと話す事ではありません。
まずはどんなお悩みがあるのか?を聴くところから始めるべきです。

サービス・商品の開発、営業訪問、現場施工など全てにおいて、
お客様は何に困っているのか?そのために我々は何ができるのか?
つまり「お客様の視点」で考える習慣が必要だと思います。

「お客様の視点」で考え、声を聴くことを積み重ねた結果、
昨日のTVで紹介されていたサービスが生まれたのだと思いました。

我々もこういう仕事がしたい!と感じました。

PageTop

コツコツと

専務の東田です。

今年度に入り、5年後のビジョンと単年度経営方針に沿って
活動していくことになりました。
4月の月例ミーティングでは、経営理念・ビジョン・
経営方針・体制・今年度活動計画をみんなで確認して、
新年度をスタートしました。

まだ1か月も経っていないのにこういうことを言うのは気が
早いですが、やっぱり社員全員に考えを浸透させていくのは
難しいですね。
経営方針を意識して何か行動を起こしているもしくは起こそうと
している社員はほとんどいません。

商売の第一の基本は「コツコツと積み上げていくこと」
営業も業務も社員教育も人間関係も新サービス開発も
一朝一夕にはできません。

ビジョンと経営方針の件も同じ。
みんなが同じベクトルに向かって動き出すためにも、
コツコツと話をし行動を示していくしかないのだと思います。

「あきらめたらそこで試合終了だよ」
って安西先生も言ってましたし。

PageTop

今週の一言

専務の東田です。

今週の一言。

(誰か交代したほうがいいか?の問いに)
ルールが許すなら全員交代だ。
(イビチャ・オシム)


「オシム@愛と勇気」という本からの引用です。
えーっ、、、深い意味は全くなく、、、
単におもしろかったので載せてみました(笑)
たまにはいいかなと。

それにしても、オシムさん自由な発言が多すぎます。
他にもこんなのが

大久保をふたりがマークしてくれたおかげで
本田がフリーになった。
小さいからふたりもマークいらなかったのに。。。

PageTop

バルコニーのハトよけネット設置

専務の東田です。

今日は長舘君とバルコニーの
ハトよけネット設置に行ってきました。

なかなかの出来です
正面

もちろん防火戸の上下も
防火戸上

防火戸下

天気が良かったので、早速お洗濯物を干していらっしゃいました。
お悩みが解決できてよかったです。

PageTop

剣山+忌避剤のハト忌避施工

専務の東田です。

今日はハト忌避施工に行ってきました。

高架水槽の上にハトの糞が落ちていました。
H鋼のフランジ部分や配管の上にハトが停まり、
糞をしているようです。

恒久的な対応を考えるならば有刺剣山の設置
が良いかと思いますが、コスト面を考え、
以下、3つのエリアに分類して忌避剤を併用しました。

被害度合い「高」
糞害が多くハトが好んで停留していると思われる箇所
→有刺剣山
被害度高の箇所

被害度合い「中」
今後ハトが停留する可能性がある箇所
→比較的持続期間が長い忌避剤
被害度中の箇所

被害度合い「低」
糞害はあまりみられずハトが停留する可能性も低いが、
上記「高」「中」の周囲であり、ハトに不快感を与える
ために施工が必要な箇所
→比較的持続期間が短い忌避剤
被害度低の箇所

作業中の様子 新人のタッチ
作業中の様子

1週間後に効果判定に伺います。

PageTop

今週の一言

専務の東田です。

今週の一言。

自粛は委縮につながる
(日経新聞コラム)


東日本大地震で被災した方々への配慮は必要ですが、
何をするにも負い目、引き目では委縮していくだけ。
日本復興の前に日本経済が落ち込まないよう、
できれば復興のエネルギーにつながるよう、
我々は会社を通じて経済活動活性化に尽力すべきでしょう。

PageTop

ラッキーが空から降ってきた

専務の東田です。

事務所に「ラッキー」という丸々太った黒猫がいるのですが、、、

屋根裏でドタバタ音がしたかと思ったら、
屋根を突き破って落ちてきました。

これ!
ラッキーが突き破った穴

鳥を追いかけまわしていたようで、
しゅたっ!と着地し、また鳥を追いかけて行ってしまいました。

デブでも猫は猫なんですね。


PageTop

お客様訪問

専務の東田です。

昨日、お客様訪問をしました。
2月に繁華街から郊外に移転した、和食料理店のお客様です。

繁華街から郊外へ?人通りが減ってお客様が減るのでは?
と思い尋ねてみました。

答えは
「来店者数は減っていない。客単価が上がった」
とのことでした。

その理由は以下の通りです。
・高級志向のお客様はむしろ郊外で食事する事が多い
・繁華街だと2店目、3店目があるので客単価が落ちるが、
 郊外だと1店で済まそうとするため単価が上がる。
・繁華街からそれほど離れていない(タクシーで1メーター)
 ので、2店目に行きたいお客さまも来て下さる。
・店内が広くなった(敷地面積が広くなった)ので、
 客席数も増えた。

安易に常識にとらわれてはいかんなと思いました。

PageTop

チャバネゴキブリ駆除現場

専務の東田です。

先日行ったチャバネゴキブリ駆除の現場です。
台下冷蔵庫のドアの内側にベイト剤(食毒剤)を塗布しています。
ゴキブリ駆除の様子

ズーム
P1030895_convert_20110404173516.jpg
チャバネゴキブリの幼虫が写っているのがわかりますか?
また、ドア内側のゴムパッキンに黒いポツポツしたものが
ありますが、これはフンです。

ドアと冷蔵の結合部付近に大抵このような穴があいています。
台下冷蔵庫と台の間は空洞になっており、この穴は出入口となっています。
チャバネの出入り口

多くの施工現場でみられますが、このような視点をどれほど
もっているかが、各社の施工品質の違いとなって現れるのでは
ないでしょうか。

この穴にノズルを差し込みベイト剤を塗布しました。
すると否が応でもゴキブリにベイト剤が付着し、
グルーミングの際に体内に取り込まれます。

近日中に効果判定を行い、必要に応じて追加施工します。

PageTop

今週の一言

専務の東田です。

今週の一言。

明日死ぬと思って生きなさい。
永遠に生きると思って学びなさい。
(マハトマ・ガンジー)


PageTop

済商会 新校舎訪問

専務の東田です。

今日は済商会(済々黌商工会)の
母校新校舎訪問イベントに参加してきました。

新校舎
新校舎
いや~荘厳です。

新校舎へ続く道
新校舎へ続く道
丁度、桜が満開でした。

済々黌は130年の歴史をもちますが、
その歴史の中に「黄壁城」と呼ばれる校舎がありました。
新校舎はその黄壁城の趣を再現する様に作られています。

最後に済商会が寄贈した三鋼領の石板です。
三鋼領は済々黌の建学の精神です。
三鋼領
三鋼領

三鋼領
倫理を正し大義を明らかにす
廉恥を重んじ元気を振るう
知識を磨き文明を進む


在学中は何の気なしに唱和していましたが、
こういったものがある高校を卒業した事を
とても誇らしく感じます。

PageTop

新年度スタート

専務の東田です。

平成23年度がスタートしました。
昨年度は挑戦の年でしたが、
今年も引き続き新たな取組みに挑戦していきます。
宜しくお願いします。

昨年度末から経営理念・経営ビジョン・
23年度経営方針/経営計画の整備を行ってきました。
決して質の高いものとは言えませんが、
何とか新年度に間に合いました。

今年度のスローガンをお披露目します。

23年度スローガン
これまでの知識・経験・サービスを熟成し、
次ステップへの確固たる土台を築きあげよう!


5年後のビジョン達成に向けた初年度ということで、
まずは土台を固めることが今年のテーマです。
あせらず、じっくり、確実に前に進みたいと思います。

以前、「今週の一言」でご紹介しましたが、稲盛和夫さんの名言を
再度ご紹介します。

一歩一歩尺取り虫のように進んでいく。
これが偉大な事へチャレンジする姿勢です。(稲盛和夫)

PageTop